火災保険の仕組みについて

火災保険の目的とは?

火災保険に関する情報

火災保険の基礎知識について

火災保険は、火災やその他の災害などによって、建物や家財などに損害を生じた際に、補償をすることを目的としたものです。対象とする建物の物件によって住宅物件、一般物件、工場物件、倉庫物件に分類され、それぞれに対応する火災保険の種類があり、補償の範囲や補償内容は異なります。住宅用の仕組みは、「建物への補償」と「家財などへの補償」の2つの主契約を始め、各種の特約などによって、各商品それぞれにおいて、建物と家財の両方、あるいは建物だけ、または家財だけ、といった加入の仕方が可能です。それぞれのニーズにふさわしい形を見つけ出し、加入をすると良いでしょう。

本当にどれも同じなのか?

多くの方が、火災保険はどれも同じだからどれに入っていても同じと感じているのではないでしょうか?実際にはどのような補償を選ぶか、どのような期間を設定するかで私たちが負担する保険料は大きく変わるものです。では、同じように感じる理由とは?本来、護送船団方式という金融行政のもと、どの損害保険会社でも同一の商品を同一の価格で販売していたからです。過去には、本当にどこのものに加入しても全く同じだったのです。現在では、自由化が進み各会社独自のパッケージ商品が主流となっています。主には火災・落雷・破裂・爆発・風災などを束ねたものが基本となっています。

新着情報

2016-10-19 定年後は保険を相談が更新されました。
2013-01-10 火災保険で備えるが追加されました。
2013-01-10 マンションの火災保険が追加されました。
2013-01-10 保険をどこにつけるかが追加されました。
2013-01-10 トップページが追加されました。