持ち家の火災保険加入

保険をどこにつけるか

トップ >> 持ち家の火災保険加入

火災保険に関する情報

戸建で加入する際のポイント

持ち家でまず考慮が必要なのが、住宅ローンです。住宅金融支援機構への返済期間中は、特約のものや選択対象のもの以外を別に契約することはできません。住宅金融支援機構の特約火災保険は幹事会社が損保ジャパンとなっていて他に各損保が共同して引き受ける共同保険となっています。この点は、あまり理解していない方が多いようです。掛け金が許せば家財への保障の加入も考えておきましょう。こちらは支払われるお金は自由に使うことができます。また賃貸の場合同様、30万円超の貴金属や書画、骨董品などがある場合は家財に含まれませんので別途加入する必要がありますので頭に入れておきましょう。専門の窓口で相談して、自宅にあった最適なものに加入したいもです。

店舗や併用住宅での場合

店舗・事務所が住宅と併設されている店舗併用住宅と専用店舗があります。店舗事務所がある場合、併用住宅でも引き受ける火災保険は、店舗用のものとなります。店を始めた場合とやめた場合には、変更になるので注意が必要です。店舗などは1階にある場合も多く、地域によっては水害に対応しているものに加入している方がいい場合もあります。保険のタイプによって、水害が補償されるものと補償されないものがあるので確認しておきましょう。また、自分が住む地域の水害に対するリスクがどの程度あるのか、把握しておくことも重要です。近年では、集中豪雨等で初めて水害に遭ったという場所も多いです。