火災保険に入る必要性

火災保険で備える

トップ >> 火災保険に入る必要性

火災保険に関する情報

めったに起きない火災だから

月々の保険料の支払いと我が身に降りかかる確率を考え、「火事なんてめったに起きないから、火災保険に入ってなくてももんだいないでしょう?」というかたもいrっしゃいますが、本当に必要無いのでしょうか?確かに火災はめったに起きません。30年間における発生率でも1.9%以下と低いです。しかし、一旦我が身に降りかかったらどうなるでしょうか?幸いにも命が助かった場合でも、住まいや財産などに損害を被ることがあります。最悪の場合、住むところを失い生活に必要な種々のものをすべて失うこともありうるのです。さらに、住宅ローン返済中の被災ということになれば失った家の住宅ローンの返済も必要ですし、一方で新たな生活をするための住まいの費用も発生してしまいます。そうした時になって、本当の必要性を感じるのかもしれません。

もしもに備え自身を守る保険

タバコを吸う人も家族にはいないし、燃えにくい家にしているから火災保険に入らなくても大丈夫という方がいます。しかし、自宅から発火しなくとも、隣家から発生したかさいにより住まいの損害を受ける可能性は十分にあります。そこで重要なのは、隣家の火災で自宅に被害が及んだ場合でも、隣家には賠償責任が無いということです。故意または、重大な過失出ない限り責任は発生しないのです。また、火災に及ばなくとも消火活動により大量の消火用水が住宅の入り込み、水濡れ被害が生じることもあります。火災は、日常生活を脅かす恐ろしい災害だというのは、こうした関節的な被害も含まれるのです。そのことも知った上で、火災保険の加入を考えましょう。